Rotation180° Panorama レビューその1【開封編】

DSC01809.jpg

どうも、最近カメラバッグ沼へ片脚突っ込んでいる者です。

 

またまた懲りずに物色しているウチに、どうやら気を失ったようです。

MindShift GEARのバックパック、Rotation180° Panoramaをポチってましたw

 

ということで、先ずは開封編をお送り致します。

 

MindShift Gear Rotation180°との出会い

 

レンズ交換時の利便性から、バックパックは除外していたのですがショルダーバッグだとどうしても片側の肩に負担がかかって肩凝りが…

ってことで改めてバックパックタイプで物色していた次第です。

 

そんな折、バックパックを降ろして取り出すタイプでも、サイドから取り出すタイプでも無い、ちょっと変わった製品を見つけました。

それがMindShint GEAR(マインドシフト・ギア)Rotation180°(ローテーション ワンエイティ)シリーズ です。

 

MindShift  GEARはアメリカのカメラバッグ・アクセサリーメーカー。

thinkTANK photoのクリエイターによって作られた比較的新しいメーカーのようです。

thinkTANK photoの製品に「Rotation360°」ってのがあるようですのでその開発に関わったスタッフなのかもですね。

シンクタンクフォトはLoweproより派生したメーカーのようですので、ロープロの流れを汲むメーカーといえるのでしょうか。

 

 

Lineup.jpg

現状、以下の2ラインナップのみのようです。

  • Rotation180°Professional
  • Rotation180°Panorama
※厳密にはProfessionalにはオプション品の有無でProfessional Deluxeというモデルもあります

この写真からわかる通り、Rotation180°シリーズ最大の特徴は

  • バックパック部
  • ベルトパック部

の2部構成となっている点です。

rotation180-panorama-both-bags_grande.jpg

Panoramaのみ、チャコール(画像右)とタホブルー(画像左)の2色展開。

 

α7R&Eマウントシステムでの使用なので、小型なPanoramaでも問題無いと思い今回はPanorama (タホブルー)をチョイス。

オレンジのアクセントカラーがαにピッタリだなと……ん?なんだかカシュガルの時も同じ事言っていたようなw

ブルーとオレンジの配色は正にZeissαッて感じですしね。

 

ところで、“タホ”って何の事かと気になったので調べてみたんですが
恐らく、アメリカ の「タホ湖(Lake Tahoe)」から取ったのではと思われます。

なんか響きが「アホ」って聞こえ兼ねないのでもうブルーって事でいいですかね?w

ちなみに、「タホ」は先住民の言葉で「大きな水(湖)」という意味らしいです。

※Wiki情報

 

 

Rotation180° Panorama 開封

さて、前置きはこの辺りにして早速開梱していきましょう。

 

DSC01798.jpgDSC01803.jpg

今回は銀一さんにて購入。ポチって2日で届きました。

梱包は比較的大きめ。

ダンボールからビニール袋に入った本体を引張り出します。

 

DSC01804.jpg
本体 正面

ポケットやストラップが少なくスッキリした印象。

DSC01806.jpg
本体  裏面

背面クッションやショルダーパッドはかなりしっかりしています。

長時間の使用でも疲れにくそうですね。

DSC01827-Edit.jpgDSC01829.jpg
本体 上部ポケット 及び メイン気室

上部ポケットにはキーフックがついています。
上部メイン気室内にはメッシュポケットが1つ。

メイン気室は思っていたより収納力がありそうです。

 

DSC01807.jpg
右側面

この商品の最も特徴的な部位。

DSC01823.jpgDSC01813.jpg

下部のフラップを取り外すと…

 

DSC01810.jpgDSC01815.jpg

この通り!ベルトパックが中から出てきます。

DSC01818.jpg  DSC01816.jpg  DSC01819.jpg
DSC01820.jpg  DSC01821.jpg  DSC01822.jpg

ベルトパック部は取り外し、単体での使用も可能です。
フラップの裏側にメッシュポケットを備え付けています。

カメラ収納時用のディバイダーが計6枚付属しており、内部にはタブレット用ポケットもついています。
恐らくサイズ的にはiPadがギリギリ入るかどうが位と思います。

 

DSC01805.jpg
左側面

左側には外ポケットが一つと…

DSC01830.jpgDSC01833.jpg

3Lまでのハイドレーションパックが収納可能なポケット、チューブを通す穴があります。
上部のストラップは三脚等を留めるのに使用します。

 

DSC01831.jpgDSC01832.jpg
下部

本体下部には三脚アイコンのついたポケットに三脚受けポケットとストラップが収納されています。
上部にも三脚固定用ストラップがありますのでがっちりと固定出来ます。

 

DSC01801.jpgDSC01802.jpg>

今回はオプションのレインカバーも同時購入。

レインカバーはバックパック用とベルトパック用の2つ入っています。
バックパック用レインカバーには一体型のレインカバーポーチがついています。

 


 

以上、ざっくりと外観をご紹介しました。

次回は実際にどれ位の収納力があるのか、【基礎編】をお送りしたいと思います。

お楽しみに!

 

 

Rotation180°Professional Deluxe

Rotation180° Professional

プロフォトインサート

Rotation180° Panorama

パノラマレインカバー

パノラマパッデッドフォトインサート

 

どん

どん

何事もやってみなきゃあ分からない。物は試しの精神で楽しく、時には後悔も。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>