チクリッシモ レビュー【使用編】

DSC00121.jpg

使い始めて約一ヶ月半のチクリッシモ。

前回の【開封編】から随分間が開いてしまいましたが、私なりの使用感をレビューしたいと思います。

 

チクリッシモ 各所寸法

先ずは改めて、チクリッシモのサイズを確認します。

公式HPによると

  • 内寸:W35cm×H21cm×D14cm
  • 外寸:W41cm×H23cm×D16cm
  • 重量:1.15kg 


DSC00644-Edit.jpg
正面

  • 外ポケット(大)・・・W:350mm x H:185mm
  • 外ポケット(小)・・・W:175mm x H:130mm x 2つ

 

大きい方はノートPC。おそらく13インチクラスまでなら大丈夫じゃないかと思います。

やや厚みのあるものだとキツイかも知れません。

小さい方はスマートフォンやモバイルルータ、バッテリー、名刺入れなどでしょうか。

こちらもあまりマチは大きくないので厚みのあるものは厳しいです。

 


DSC00645-Edit.jpg
側面

ほぼカタログ値通り。

外ポケット(小)は上に行くにつれてマチが大きくなっています。

その為、厚みのあるものを収納する場合は高さが十分使い切れないので注意が必要です。

 


DSC00646-Edit.jpg
内部

底に敷いてあるパッドのサイズが350mm x 130mmくらいですが幅奥行き共に若干の余裕があります。

両サイドには小物を入れるポケットが。

 


DSC00647-Edit.jpg
付属の仕切りパッド

 

全4枚付属します。

各サイズはご覧のとおり。

内2枚は片側だけマジックテープで固定するタイプです。

これ、人に寄るでしょうが追加でバラ売りあったらいいですね。

あと、パッド側面にメモリーカード入れなんかがあってもいいかもと思いました。

 

 

チクリッシモ 各収納部に色々入れてみる

ここからは実際に手持ちのガジェットを入れてみます。

先ずは外ポケット(大)から。

 

1.Xperia Tablet Z:W:266mm x H:172mm x D:6.9mm


DSC00068 (1)

この通り余裕です。すっぽり収まります。

 

DSC00069 (1)

Xperia Tablet Zは同クラスタブレットの中でも薄い部類に入りますのでまだ他にも収納出来そうです。

因みに外ポケット(大)の内側の面はクッション材が入っているようです。

ディスプレイを内側に向けて収納すると幾らかは安心出来ますね。

 

 

2.VAIO Z21:W:330mm x H:210mm x D:16.65mm

DSC00070 (1)

13インチクラスのノートPCも何とか収まりました。

幅も高さも厚さもほぼ一杯一杯といった印象です。

 

DSC00071

上から見ると隙間がありますが、ノートPC自体に接触するので避けた方が良さそうです。

 

DSC00072

収まったように見えていましたが、厳密にはConcealed-hinge部が微妙にはみ出しちゃってます。

とは言え、蓋を閉めちゃえば問題無しです。

 

DSC00073

無謀とは思いつつも・・・

buzzhouse design. さんのZ21用レザーケースに入れた状態で。

幅は何とか収まりました。

 


DSC00074

ま、当然高さは先程よりはみ出しちゃいます。

フラップは閉めれなくはないのでギリギリセーフ?w

 

3.ThinkPad 8:W:132mm x H:224.3mm x D:8.8mm

DSC00660.jpg

ThinPad 8も長辺は224mmあるので、縦に収納すると若干はみ出ます。

こちらもフラップは何とか閉まります。

 

 

チクリッシモ 収納力を検証

その1:普段使い


PICT_20140203_122255.jpg

  • VAIO Z21
  • ACアダプタ
  • USBメモリ USM32GQ
  • α7R + SEL2470Z
  • 予備バッテリー x 2個
  • 赤外線リモコン(互換品)
  • ゴリラポッド
  • レンズペン
  • クリーリングクロス
  • ポケットクリーニングクロス(ウェット&ノンアルコール)
  • モバイルバッテリー CP-F10LSAVP (10,000mAh)
  • microUSBケーブル x 2本
  • イヤホン&MW600
  • 財布
  • 名刺入れ

 

PICT_20140203_121908.jpg

この通り収まりました。詰めればまだまだ入りそうです。

二つ折り財布は厚みがあるので外ポケットは厳しいですね。

 

 

その2:写真撮影メイン

 

PICT_20140203_121327.jpg

  • α7R + SEL2470Z
  • SAL70300G + LA-EA4
  • SEL35F28Z
  • SEL24F18Z
  • SEL50F18
  • SEL1018
  • 予備バッテリー x 2個
  • 赤外線リモコン(互換品)
  • レンズペン
  • ポケットクリーニングクロス(ウェット&ノンアルコール)
  • Xperia Z (SO-02E)
  • Xperia Tablet Z (SO-03E)
  • USBメモリ USM32GQ
  • モバイルバッテリー CP-F10LSAVP (10,000mAh)

 

PICT_20140203_121012.jpg

いやあ、手持ちのSONYレンズ全部入っちゃいましたw

まだポケットには余裕があるので細々したものだと入れれそうです。

ただし、二つ折り財布が入らねw

仕切りパッドを追加すればいけそうです。

レンズペンは外ポケット(小)の間に引っ掛けると収まりいいです。

 

三脚の装着

上記の写真撮影装備。肝心の三脚が無いじゃんってことで

公式HPにも紹介されていましたが、フラップを留めるバックルを利用し、三脚を固定出来ます。

 

DSC00377.jpg  DSC00381.jpg

ところが、Velbon UT-63Qのコンパクトさが仇となりました。

 

フラップ留めのストラップの感覚はおよそ130~140mmくらい。

対してUT-63Qの縮長は278mm。

一見すると問題なさそうですが、その独自の折りたたみ機構によってチクリッシモのストラップ部に固定出来ません。

かと言って写真右のように立てた状態で鞄の中に収まる訳もなく・・・。

 

 

DSC00378.jpg DSC00379.jpg

敢えてストラップに固定する脚のみを展開したり、エレベータ部を若干伸ばしてストラップ固定するなどすれば取り敢えず固定は出来ました。

とはいえ、これだけチクリッシモからはみ出ると持ち運び時にぶつかりそうですw

この三脚のように脚が180度反転するような機構でなければ縮長400mmに収まっていればそれなりに使えそうです。

 

 

チクリッシモ 個人的にバツな点

さて、ここからは個人的にマイナスだな、改善して欲しいなと思ったことを上げていきます。

 

1.ダストガード

 

フラップの付け根からメイン収納部の両サイドにかけて雨や埃の侵入を防ぐ目的で付けられているダストガード。

中にカメラを収納することを考えればこのダストガードは素晴らしいと思うのですが・・・

DSC00537.jpg

DSC00534.jpg

このように、フラップ天面のファスナーを開いて内部にアクセスした際、そのダストガードが邪魔をして両脇のポケットや仕切りパッドで区切られた両端のスペースに収納したものが取り出しにくいです。

両脇ポケットには小物を入れているのでまだいいのですが、端にレンズやカメラボディを入れると非常に取り出しにくく折角のスペースが限られてしまいます。

 

 

2.外ポケット

フラップの天面にファスナーを設け、フラップを開けずとも内部にアクセス出来るのはチクリッシモの特徴の一つだと思います。

 

DSC00535.jpg

確かにメイン収納部に入れた物はさっと取り出せるのですが、外ポケット(大・小 共に)に収納したものはファスナー開口部からはアクセスし難いです。

特にPCやタブレット端末などポケットの幅一杯で収納しているような物は出し入れに苦労します。

これはファスナーの機構上どうしても中心から遠くなるほど開口部が狭まる為、仕方ないかと思いますがポケットの配置などを工夫し何とか改善して欲しいものです。

 

これと関連して、フラップを閉めた状態でもアクセスが可能な外ポケットが一切無いのもマイナスです。

例えば両サイド外側にペットボトルホルダーや折りたたみ傘、携帯などを入れるポケットがあるといいなと思います。

 

 

3.メインストラップ

チクリッシモはメインストラップにパッドが入っていて肩の負担を軽減してくれます。

また、デュラフレックス社のクイックアジャスターを採用することでワンアクションで締めたり緩めたりが可能なのも特徴の一つ。

 

12261118_52bb921134506

そのストラップなのですが構造上、基本的には左肩掛け使用限定となります。

個人的には右肩掛けでスリングバッグを使い続けて来たこともあり違和感を感じていました。

暫く使用していく内に慣れるかと思ったのですが一ヶ月以上たった今でもどうしても身体に合わず肩凝りに悩まされました。

 

また、もう少し低い位置までストラップを伸ばせたらとも思いました。

伸ばしきった状態でも上の写真くらいの高さなのですが、中のカメラやレンズを取り出す際肘を曲げる必要があり、そこから更に腕を引き上げると体勢的に辛いものがありました。

 

これらは私が長くスリングバッグの使用に慣れていたためというのもあるかとは思います。

 

4.フラップ用フック

フラップを開けたまま固定出来るよう、フラップに備え付けてあるフックを引っ掛ける為のループがメインストラップ部に取り付けられています。

この機構自体は非常に考えられたものだと思います。

DSC00538-Edit.jpg

しかし、そのループ部の裏側、身体に密着する部分の端が曲者です。

おそらくこの部分からほつれないように特殊な糊のようなもので固めていると思われます。

その角の部分がかなり固く、思いがけず肌が剥き出しの部分を引っ掻いてしまい怪我をしそうです。

更にこの季節、ダウンジャケットなどを着用した状態でチクリッシモを身体の前後に移動させる際にも、ダウンジャケットに引っかかってしまい、最悪破れてしまいそうな印象を受けました。

実際にはそのような事は発生していないのですが、常に身体に密着する部分ですし、折角瞬時に背中から前へ回してこれる機構を持っているのでここは改善してほしいなと思います。

 

 

5.Capture

ストラップやベルトなどにカメラを固定する為の「Capture」。

先代の頃から愛用しているのですが…

 

DSC00384.jpg  DSC00382.jpg

 

チクリッシモに取り付けるとすると、この2パターンかなと思います。

 

で、これはチクリッシモがどうのということでは無いです。

そもそも、Captureを使うということはカメラは常にカメラバッグの外にある訳でして、使いたい時にさっと前に回して中のカメラをサッと取り出せる!というチクリッシモの利点が意味ないなと気づきましたw

買う前に気づけよってことですねw

しかもCaptureを取り付けた状態で鞄を前に後ろに回すとそれにつられてCaptureもそれに固定したカメラも動いてしまう訳でw

まぁ、レンズ交換の時は便利ですけどねw

 

 

まとめ

ということで、終わってみるとマイナスな点しかお伝え出来ていないような気がしますw

これらはあくまで私の装備や身体的な要因などで感じたマイナス点であって、人によってはそれがプラスになることもあると思いますので参考程度に留めて頂ければと思います。

 

「MONOは試し」の精神で一度使ってみるのが大事ですw

 

しかし、いいカメラバッグを見つけたと思ったのですがまだ私の理想通り、というわけにはいかなかったみたいです。

理想のカメラバッグ探しはまだまだ続きそうです。

…これが俗に言う『カメラバッグ沼』というやつですかね…クワバラクワバラw

 

 

 

【Amazon】

 

【楽天】

 SONY CP-F10LSAVP USB出力機能付きポータブル電源

 SONY CP-F10LSAVP USB出力機能付きポータブル電源
価格:5,922円(税5%込、送料別)

 

 

どん

どん

何事もやってみなきゃあ分からない。物は試しの精神で楽しく、時には後悔も。

You may also like...

3 Responses

  1. より:

    はじめまして。 青と申します。

     チクリッシモのレビュー、気になるバックだったので興味深く読ませてもらいました。
     特に天面ファスナーからのアクセスとフラップ用フックのばり?の箇所など私もバックを使用する際に気にする部分だったので大変参考になりました。
     これからも痒いところに手が届くレビュー期待してます。

    • どん どん より:

      >青 様

      当ブログを御覧頂きありがとうございます!

      チクリッシモはトータルの出来が良いだけに細かい点が気になってしまいました。
      今後もゆるーく更新していきますがよろしくお願いします!

  1. 2016年10月21日

    […] チクリッシモ レビュー【使用編】 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>