Aterm MR03LN レビュー【使用編】

DSC00540.jpg

お久しぶりの更新です。
ちょっと体調崩したりプライベートでバタバタしていたので…。

前回、前々回とご紹介してきました

NEC LTEモバイルルータ Aterm MR03LN

 

 

 

今回は実際に使用してみての感想を中心にレビューしてみたいと思います。

 

 

MR03LN サイズ比較

とその前に、MR03LNのサイズ感について他との比較でお伝えしたいと思います。

DSC00550.jpg

左から、Xperia Z(SO-02E)、MR03LN、iPod Touch(第2世代)

 

ポータブルルータとしては標準的な大きさでしょうか。

 

DSC00551.jpg

iPod Touch(第2世代)と重ねて見るとほぼ同じ大きさ。

 

DSC00553.jpg

厚みこそMR03LNの方がありますが軽いです。

 

 

DSC00556.jpg

以前、ポータブルバッテリーの記事でご紹介したポーチの外ポケットにピッタリ収まりました。

 

DSC00557.jpg

ルータ(MR03LN)とバッテリー(CP-F10LSAVP)をまとめて収納出来るので便利です。

 

 

DSC00404.jpg

そういえば、前回の記事にて用途不明の穴と言ってた箇所。

 

 

DSC00559.jpg

やはり、ストラップホールでした。

このように裏蓋を開け、穴の先にある出っ張りにストラップを通せばOK。

 

DSC00560.jpg

こんな感じです。必ずしも付ける必要はないですがストラップホールがある方が使用の幅は広がりますね。

 

 

バッテリー持続時間検証

下準備

前置きが長くなってしまいました。早速テストに移りましょう。

先ずはスマートフォン側にAterm Mobile Tool for Androidをインストールしてみました。

 

Screenshot_2014-02-07-15-10-11Screenshot_2014-02-11-15-12-42Screenshot_2014-02-11-15-12-55
このアプリは、スマートフォン側からMR03LNの

 

  • 電波状況
  • バッテリー残量
  • WiFi/Bluetoothの切り替え
  • モバイル回線/公衆無線LANの切り替え
  • 休止状態/復帰の切り替え
  • 現在のデータ通信量
  • MR03LNの再起動

 

等が確認、操作可能です。

MR03LN本体を鞄に仕舞ったままでもバッテリー残量や電波状況が確認出来るのはいいですね。

いちいち取り出さずとも休止状態に移行/復帰出来るのもモノグサな私にうってつけですw

 

今回はWiFi、Bluetoothそれぞれの場合についてテストしてみました。

テスト環境で共通するのは以下の通り。

端末1:Xperia Z(SO-02E)
端末2:Xperia Tablet Z(SO-03E)
端末3:VAIO Z(VPCZ21AJ)

 

主にインターネットブラウジングやTwitterクライアントでの通信がメイン。

MR03LN側は省電力機能をOFF。常時電源が入った状態です。

 

 

1.WiFiテザリング

先ずは一般的なWiFiによるテザリングです。

 

2月某日

・14:30- テスト開始。バッテリー残量100%

接続端末・・・SO-02E

使用状況・・・電車移動時のTwitter、ブラウジング

・15:30-  Xperia Tablet Z、VAIO Z 追加

接続端末・・・SO-02E、SO-03E、VPCZ21AJ

使用状況・・・Xperiaは共にソニタブッターを起動し常に通信状態を維持、VAIOにて調べもののためブラウジング、画像のダウンロード、メールチェックなど

・19:00- VAIO使用終了

接続端末・・・SO-02E、SO-03E

使用状況・・・Xperiaについては引き続き共にソニタブッターを起動し常に通信状態を維持。
合間にちょいちょいメールやTwitterを確認。

・23:15- 電車移動

接続端末・・・SO-02E、SO-03E

使用状況・・・Xperia
ZにてTwitter、ブラウジング。タブレットは引き続きソニタブッターを起動し常に通信状態を維持。

・24:45- 帰宅。バッテリー残量14%

接続端末・・・SO-02E、SO-03E

使用状況・・・Xperia Zは待ち受け状態。タブレットにてブラウジングやTwitter

Screenshot_2014-02-12-00-46-42

ここまでの時点で、使用開始から約10時間。

まだ、残量は14%残っています。

 

この後も、バッテリーが切れるまでと引き続きテストを続行したのですが…

先に私のバッテリーが切れてしまいいつの間にか寝てしまっていましたww

よってこの先はあくまで予想になるのですが、

WiFiテザリング時は半日(12時間)くらいは使用出来そうなイメージです。

 

 

 

2.Bluetoothテザリング

 

2月某日

・13:30- テスト開始。バッテリー残量100%

接続端末・・・SO-02E

使用状況・・・電車移動時のTwitter、ブラウジング

・14:30- Xperia Tablet Z 追加

接続端末・・・SO-02E、SO-03E

使用状況・・・Xperiaについては引き続き共にソニタブッターを起動し常に通信状態を維持。
合間にちょいちょいメールやTwitterを確認。

・16:30- VAIO 追加

接続端末・・・SO-02E、SO-03E、VPCZ21AJ

使用状況・・・Xperiaについては共にソニタブッターを起動し常に通信状態を維持、VAIOにて調べもののためブラウジング、画像のダウンロード、メールチェックなど

・20:00- VAIO使用終了

接続端末・・・SO-02E、SO-03E

使用状況・・・Xperiaについては引き続き共にソニタブッターを起動し常に通信状態を維持。
合間にちょいちょいメールやTwitterを確認。

・20:30- 電車移動

接続端末・・・SO-02E、SO-03E

使用状況・・・Xperia
ZにてTwitter、ブラウジング。タブレットは引き続きソニタブッターを起動し常に通信状態を維持。

・22:30- 帰宅。

接続端末・・・SO-02E、SO-03E

使用状況・・・Xperia Zは待ち受け状態。タブレットにてブラウジングやTwitter

 

Screenshot_2014-02-12-22-55-06

帰宅後もしばらくテストを続け、22:55時点、使用開始から約10時間半で残量は49%残っています。

流石にこの時間から更に10時間半のテストは体力的に無理なのでここで打ち切り。

Bluetoothテザリング時は約21時間は連続使用出来そうです。

これだと公称値の24時間ってのもうなずけます。

 

 

まとめ

2日間に渡って、実際の利用ケースを想定したテストを行った結果

 

  • WiFiテザリング    ・・・連続通信 約12時間
  • Bluetoothテザリング・・・連続通信 約21時間

 

と、ほぼ公称値に近い結果となりました。

その昔、CredlePointのPHS300を使っていた頃と比較すると随分持つようになりましたねw

これだけ持てば、予備バッテリーを持ち歩かなくても良さそうですし最近はモバイルバッテリーも各種ありますので組み合わせて使えば心強いですね。

BTテザリング時は仕様上最大3Mbpsに制限されてしまうのが難点です。

とは言え、都内のLTEは遅いところも多いですしブラウジング、Twitter程度であればそうストレスは感じ無いかもしれません。

 

ただし、Bluetoothテザリングは私の環境ではやや難ありでした。

Xperia Z、Xperia Tablet Z、VAIO Z全てにおいて、ふと見るとBT接続が切れている事がしばしばありました。

(BTのペアリングが外れるようです)

今回のテストでは、各端末こまめにペアリング解除されていないか確認し、
切れていれば再ペアリングをするようにしました。

端末側、或いはMR03LN側の省電力機能が悪さしているのかと思い色々試してみましたが改善されませんでした。

これについては何か他に情報がないか探って見ようと思います。

 

やはりWiFiテザリングは安定していますし、速度についてもボトルネックになることがないので普段はこちらで使用することが多そうです。

やや残念なのは、屋外で5GHz帯を使えるモードが無い点です。

ファームアップ等で機能追加があるとうれしいのですが…。

 

以上、全3回に渡ってお送りしてきましたMR03LNのレビューはひとまず完結となります。

要望があれば設定編もあるかもですが…また何か分かった事があればご紹介したいと思います。

 

 

どん

どん

何事もやってみなきゃあ分からない。物は試しの精神で楽しく、時には後悔も。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>