Surface Wireless Bluetooth Adapter レビュー【購入・開封編】

DSC05311.jpg

 

前回の記事でも述べましたが、タイプカバーはSurface本体と接続時のみ使用可能です。

けど折角のタブレット端末、ブラウジングやブログ下書きなど、縦画面で使いたいケースもあるわけで…

 

 

15_Wireless_adapter.jpg

そう言えば、Microsoft純正のオプションにこんなのありましたよね?

コレだ!って事で早速購入… ん?!

 

 

マボロシのSurface Wireless Bluetooth Adapter

この製品、実はSurface Pro2と同時に発表されており、Pro2を使っている時から気になっていました。

 

2013年10月24日|週刊アスキーPLUS

日本MSがSurface 2とSurface Pro 2を発表 “艦これ”も高速に!

 

 

んで今か今かと日本国内発売を待っていたのですが、待てど暮らせど発売の情報無し…。

痺れを切らして色々ググってみると…

 

2014年3月26日|ZDNet

Microsoft quietly discontinues Surface Wireless Keyboard Adapter

 

 

まさかの日本国内販売前に本国でディスコンになっていた模様…orz

 

ダメ元でAmazonで検索してみるもご覧のような有り様。

 

なんで予価4,980円のものが3倍近くになってるのん!!ww

 

 

 

セカイモン デビュー


セカイモン.jpg

そんな時、ふと思い出しました。

その昔、ソニーのAマウントレンズ Reflex 500mm F8(SAL500F8)がディスコンになった時セカイモンのアカウントを作っていたことを。

 

セカイモンは、約2億点の商品数を誇るオークションサイト「eBay(イーベイ)」の公式日本語サイトです。

日本にいながら、世界中の商品を簡単、気軽に安心してショッピングができます。

 

英語力に自身のない私にとっては渡りに船。登録当時はまだ円高で価格的なメリットも大きかったのですがここ最近の円安の流れを考えるとここらで買っておいた方が良さそうと判断。

 

 

illustratedGuide.jpg

セカイモンのシステムは上図の通り。

ebayの出品に対して

  1. 日本語翻訳ページの作成
  2. 入札
  3. 落札後のやりとり
  4. 荷受け後の日本発送

これらをセカイモンが代行してくれます。

その見返りとして1次決済時に「セカイモン手数料」が発生します。

 

 

商品落札後の流れ

 

商品落札後の流れを、メールを追いながら時系列で確認していきます。

 

1.落札完了のお知らせ:11/3 21:03

先ずはセカイモンより落札商品の詳細確認メールが届きます。

 

2.配送情報の提供:11/4 15:23

続いて出品者からの配送情報を提供についてセカイモン経由でのお知らせが届きます。

ここでは出品者~セカイモンの物流センター(アメリカ内)への配送についての情報です。

 

USPS.jpg

 

この時点でアメリカ国内の配送状況がトラッキング出来るようになります。

この出品者の場合、日本での日本郵便株式会社にあたるアメリカ合衆国郵便公社(USPS)での配送のようです。

トラッキングデータを見る限り、セカイモンの物流センターはカリフォルニア州のコンプトンってところにあるようです。

11月7日にセカイモン物流センターに到着しています。

 

3.日本への配送情報:11/15 17:31

 

ヤマト国際.jpg

セカイモン物流センターより日本へ向けて発送されます。

以降はヤマト運輸(ヤマトグローバルロジスティックスジャパン)の国際宅急便貨物追跡サービスより追跡可能。

 

4.通関審査通過:11/18 21:35

日本に到着後、通関審査を通過した際にメールにてお知らせが来ました。

 

5.商品受け取り:11/19

配送状況.jpg

 

落札よりおよそ2週間後、ようやく商品を受け取りました。

セカイモン上での物流センター到着の日付とUSPS上のDeliveredの日付が食い違っていますがあまり気にしないことにしますw

 

 

果たしてハウマッチ?!

セカイモン決済.jpg

最終的な支払総額はご覧のとおり。

当時のレートでおおよそ ドル$1=¥115 。

高いとは思いますが、Amazonで3倍になっていることを考えれば良しとしますw

 

 

いざ、商品開封!

DSC04469.jpg

前置きはこのくらいにしていざ開封します。

 

DSC04473.jpg

パッケージはシンプル

 

DSC04475.jpg

ワイヤレスアダプタ本体を取り出します。

 

DSC04476.jpg

同梱物は充電用のUSBケーブルと簡易マニュアルのみ。

 

DSC04479.jpg

円柱状本体の端の部分に電源ボタンがあります。

 

DSC04480.jpg

その反対側には充電用のmicroUSBポートが。

 

DSC04481.jpg

タイプカバーとの接続はマグネットでSurface本体と同じ機構です。

この製品はタイプカバー2用の製品ですが同じコネクタを使用しているのでタイプカバープロにも使用出来ます。

 

DSC04482.jpg

全体的にはSurface Pro2の本体と同じようなマグネシウムを基本素材に微粒子を蒸着させた「VaporMg」ぽい素材感。

本体中央上部にBluetoothの電波を遮断しないように一部分だけ素材が変わっています。

 

DSC04483.jpg

重量は75g

 

DSC04485.jpg

タイプカバープロと合わせると369.5g

ショージキこの重量だと別にBTキーボードを用意したが軽いよな…w

 

DSC04488.jpg

タイプカバープロに取り付けるとこのような感じに。

 

 


 

 

以上、セカイモンで購入してからの流れと商品開封の模様をお伝えいたしました。

次回は実際に使用してみてのレビューをお送りする予定です。

お楽しみに!

 

 

どん

どん

何事もやってみなきゃあ分からない。物は試しの精神で楽しく、時には後悔も。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>