FE 24-70mm F2.8 GM レビュー【外観比較編】

DSC02580.jpg

シャープネスを追求し、高解像度時代に求められる描写力を備えたズーム全域F2.8の大口径標準ズームレンズ 『FE 24-70mm F2.8 GM』。

その特徴・実力を同じ標準ズームとして先に発売されていた『Vario-Tessar T*
FE 24-70mm F4 ZA OSS』と比較してみたいと思います。

 

 

SEL2470GM|開梱

DSC09599.jpg

付属品諸々。特徴的なのはレンズポーチ。

DSC09605.jpg DSC09612.jpg

恐らく単体販売されているソフトキャリングケース「LCS-FEA1」と同等品と思われます。

 

個人的には使わないと思いますが、5,000円程度のケースが付属しているのはお得ですね。

レンズフード/MCレンズプロテクター取り付け、フロント/リアキャップ無しの状態で実測 960g!
200g台だった時代が懐かしいですw

 

DSC02591.jpg DSC02594.jpg

嬉しいのはレンズフードにロック機構が追加された点。

Captureを使っているとたまに思いがけずレンズフードが外れてしまう事があったのですがこれで安心です。

フード取り付け時の方向が限定されますが安心感には代えられません。

フードの内側は植毛モフモフタイプです。不必要な光の反射を防ぐそうです。

 

DSC09628.jpg

これまたCapture使用時に有りがたい『ズームロックスイッチ』

Captureに装着してぶら下げている時に不用意に自重で鏡筒が伸びる事を防げます。

 

NEX-6の持ち歩きを考える 【Capture 購入編】
NEX-6の持ち歩きを考える 【Capture 使用編】
Capture Camera Clip V2 届いたYO! 【開梱編】
Capture Camera Clip V2 届いたYO! 【比較編】
Capture Camera Clip V2 届いたYO! 【使用編】

 

DSC02585.jpg DSC02587.jpg

フォーカスモード切り換えスイッチやフォーカスホールドボタンも搭載されているので操作性にも配慮されています。

フォーカスモードはFnキーやカスタムキーに割り当てての切り換えも出来ますが、物理的なスイッチでAF/MFを瞬時に切り換えられるのは便利です。

 

DSC02590.jpg

よくよく見ると、マウント側の外周にはゴムパッキン?が。

防滴性能UPとレンズ装着時のガタ軽減のためでしょうか?なんだかカールツァイスのLoxiaレンズみたいですね。

 

DSC09622.jpg 

α7RIIに取り付けるとこんな感じです。

レンズ全長が長く、更に大口径82mmの影響もあってかなりのフロントヘビー。

 

【α7II関連記事】

α7R IIレビュー 【開封編】
α7R IIレビュー【比較編】
α7R IIレビュー【アクセサリ編】その1液晶保護ガラス
α7R IIレビュー【アクセサリ編】その2ボディスーツ
α7R IIレビュー【使用編その1:イイね!】
α7R IIレビュー【使用編その1:イクナイ!】

 

 

SEL2470Zとの比較

1.スペック比較

名称

FE 24-70mm F2.8 GM

Vario-Tessar T* FE

24-70mm F4 ZA OSS

型名

SEL2470GM

SEL2470Z

対応撮像画面サイズ

35mmフルサイズ

35mmフルサイズ

焦点距離

24-70 mm

24-70 mm

焦点距離イメージ

36-105 mm

36-105 mm

レンズ構成

13群18枚

10群12枚

画角(APS-C)

61°-23°

61°-23°

画角(35mm判)

84°-34°

84°-34°

開放絞り(F値)

2.8

4

最小絞り(F値)

22

22

絞り羽根

9 枚

7枚

円形絞り

最短撮影距離

0.38 m

0.4 m

最大撮影倍率

0.24 倍

0.2 倍

フィルター径

82 mm

67 mm

手ブレ補正

外形寸法 最大径x長さ

87.6 × 136 mm

73 x 94.5 mm

質量

886 g

426 g

レンズのカタログスペック比較。

シグマの『24-105mm F4 DG OS HSM』と今話題の『MC-11』の組み合わせと悩んだのですがここはF2.8の明るさを優先させました。

SEL2470Zと比べ20cmと僅かですが寄れるのもいいですね。

 

但し全長は約1.5倍、重量は約2倍とかなりのサイズアップ。それでいてレンズ内手ブレ補正は無しです。

α7シリーズもMarkIIになってから「ボディ内手ブレ補正」が搭載されましたがそれ以外のボディで使う際は注意が必要ですね。

 

2.外観比較

DSC09597.jpg

外箱はシナバーカラー推しだったSEL2470Zのと違い、一部ブラックになりました。

『G Master』ロゴを目立たせるタメですかね。

恐らく他のGMレンズもこのカラーリングにしたのかな?

 

FE2470外観比較_1

レンズ全長ワイ端24mm。ここでは実際の使用環境に合わせてフード込みで比較。

フード込みのVario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSSがフード無しのFE 24-70mm F2.8 GM

とほぼおなじ位の長さでしょうか。

 

FE2470外観比較_2

目一杯ズームしたテレ端70mm。GMの方は軽く20cmを超える長さ!でかいw

 

FE2470外観比較_3

更にインパクトあるのが最大径 約88mmある鏡筒。フィルター径82mmはEマウントレンズ内ではFE PZ 28-135mm F4 G OSS(95mm)に次ぐデカさ!

ツァイスの方と比較すると前玉のデカさがお分かりいただけるかと思います。

 

実際にカメラボディに取り付けてみるとこの通り。

α7RII+FE24-70mm F4 ZA OSS α7RII+FE24-70mm F2.8 GM
ワイド端 24mm
α7RII+SEL2470Z_1 α7RII+SEL2470GM_1
テレ端 70mm
α7RII+SEL2470Z_2 α7RII+SEL2470GM_2

これでもまだ、辛うじてボディの分くらいは一般的な一眼レフ機と比較するとコンパクトですがもう「Eマウントフルサイズシステムはコンパクト」とは言い難くなってきましたね…。

 

 

次回予告

とは言え、それを補って余りある魅力がFE24-70mm F2.8 GMにはあるはず…!?

ということで次回は実際に両レンズで撮り比べをしてみたいと思います。

お楽しみに!

 


 

どん

どん

何事もやってみなきゃあ分からない。物は試しの精神で楽しく、時には後悔も。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>