α7R IIレビュー【使用編その2:イクナイ!】

DSC09453LR-2.jpg
α7R IIレビュー使用編2回目。

 

前回はα7Rと比較して、「イイね!」と思える点をご紹介しました。

今回は逆に、良くなかった点・ここを改善して欲しい!というところをあげたいと思います。

 

1.EVF切り替えセンサーの感度

a7RII-EVF比較.jpg

前回ご紹介した通り、α7R II搭載のEVFは倍率もUPしてとても見やすくなりました。

が、しかし!α7Rとα7R IIを同時に使っている時にふと気付きました。

それが私の勘違いであれば良いなと思いながら以下の様なテストをしてみました。

 

  1. α7R、α7R II各ボディ 背面から障害物(CDケース)を徐々に近づける
  2. 背面液晶画面が消えてEVF表示となった距離をメジャーにて計測

 

果たして結果は・・・?

 

DSC09326.jpgDSC_0091.jpg

それぞれのボディでEVFに切り換わった際のおおよその距離は以下の通りでした。

  • α7R    ・・・約7cm
  • α7R II・・・約11cm

 

なんと、α7Rと比べα7R IIの方が約4cmも離れた障害物に反応してEVF表示に切り換わるではありませんか!!

 

α7Rの時ですらウェストレベルでの撮影時に意図せずEVFに切り替わってしまうことがあったのにそれを更に上回る結果となってしまいました・・・。

勘違いじゃなかった…>┼○ バタッ

 

DSC09334.jpg

α7R IIになって、「FINDER/MONITOR切換」をカスタムボタンに割当可能になったので手動切換にすればこの問題は解決しないこともないです。

暫くそれで使ってみましたがなかなか慣れず、

FINDER覗く→真っ暗のまま→あっ!と気づいて切換ボタンを押す

という失敗を何度も繰り返しちゃいました…。

何より手動で切り替えるってのはスマートではないです。

SONYさん、これなんとかなりませんかね?!もう少し感度抑えるとか… (ファームアップとかでどうにかなるものなのかな…?)

 

2.ピント拡大表示について

α7シリーズでは、DMF(ダイレクトマニュアルフォーカス)MF(マニュアルフォーカス)時に画像の一部分を拡大しピントの微調整をサポートする機能があります。

ピントの合った部分の輪郭を予め指定した色で強調表示してくれる「ピーキング」機能と合わせて大変重宝する機能の一つだと思います。

MFオールドレンズなどとの組み合わせには持って来いですね。

 

ところが、これについてもα7Rとα7R IIを比較した時に違和感を感じました。

1のEVFの件と違い、ちょっと説明しにくくそれこそ勘違い・気のせいということもあるかもしれませんが…

 

以下はそれぞれのボディから、HDMI出力したモニタ画像を撮影したものです。

【α7R】

DSC09348.jpgDSC00747.jpg

【α7R II】

DSC09347.jpgDSC09349.jpg

検証してみて改めて気付いたのですが、両機種でスタートの拡大倍率が違うんですね。(α7Rは7.2倍、α7R IIは5.0倍スタート)

なので厳密な比較はできないのですが

 

  • なんとなくα7R IIの方がピントの山が掴みづらい(倍率の違いのせい?)
  • α7R IIの方が倍率が低いのになんだか画質が荒い(ザワザワ・モヤモヤした感じ)がする

 

うーん、どうですかね。他のユーザーさんにも意見を聞いてみたいところです。

よく使う機能なだけにとても気になります。

 

あ、あと前々から拡大表示時に左下黒枠内に拡大前の全体像を同時表示してくれればフレーミングも確認しつつピント微調整出来るのにと思うのですが技術的に難しいんですかね…?

マークIIIではお願いします!

 

 

3.三脚穴について

最後は極個人的、且つα7R IIに非はないんですが言わせてくださいw

2015-08-30 19.30.19-Edit.jpg

α7Rとα7R II。実は三脚穴の位置が微妙に違います。

後者の方がよりマウントに近い位置に三脚穴があります。

これ、最近重量級のFEレンズが増えてきたため、三脚に設置した際の重心バランスを取りやすくするために変更されたのだと思います。

 

ところがですよ奥さん!我々Peak Design教の人間からするとこれは大問題な訳です!!

※Peak Designについては以下を参照ください

NEX-6の持ち歩きを考える 【Capture 購入編】
NEX-6の持ち歩きを考える 【Capture 使用編】
Capture Camera Clip V2 届いたYO! 【開梱編】
Capture Camera Clip V2 届いたYO! 【比較編】
Capture Camera Clip V2 届いたYO! 【使用編】

 

【α7R】

DSC00749LR-s.jpgDSC00751LR-s.jpg

今までCaptureを使う際はこのようにボディ、LA-EA4それぞれにプレートを取り付けていました。

これはカメラボディとレンズ(この場合Aマウントレンズに限られますが)を共にCaptureに取り付けることが出来るのでレンズ交換がし易いからです。

 

【α7R II】

DSC09350LR-s.jpgDSC09356LR-s.jpg

ところが、α7R IIでは、三脚穴がややマウントよりに変更となったため、全面にはみ出す部分が多くなってしまいます。

 

DSC09352LR-s.jpg

その結果、ボディにプレートを取り付けた状態ではマウントアダプタを装着出来ないんです。

オーノー٩(๑´0`๑)۶

 

DSC09355LR-s.jpg

ボディ側を最も小さいMicro Plateにすればこのように取り付ける事は可能ですが、先程も言いましたがフルサイズEマウント機はボディもレンズも大きく・重くなってきてますのでマイクロプレートですとちと心許ないのです。

 

SONYさんもPeak Disignさんも、どちらが悪いって訳ではないんですがCaptureユーザーにとってはこれは致命的ですよね?

多分もうちょっとだけ三脚穴を後ろ側にズラして頂くだけでいいんですがねぇ…w

 

 

まとめ

とまぁ、最後は言いがかり的なモノになっちゃいましたが、α7R IIはα7Rの弱点を補って余りある、本当に完成度の高いカメラだと思います。

お値段に見合った、或いはそれ以上の働きをしてくれると思いますよ!w

 

それだけに特にEVF切り替え感度については残念なのも事実。

何かしらの解決策があればいいのですがねぇ…。

 

以上で全6回に及びましたα7R IIレビューはひとまず終了となります。

時は冬のボーナスシーズン。今年一年のご褒美として如何ですか?( ̄ー ̄)ニヤリ

 

α7R IIレビュー 【開封編】
α7R IIレビュー【比較編】
α7R IIレビュー【アクセサリ編】その1液晶保護ガラス
α7R IIレビュー【アクセサリ編】その2ボディスーツ
α7R IIレビュー【使用編その1:イイね!】

 


 


 

どん

どん

何事もやってみなきゃあ分からない。物は試しの精神で楽しく、時には後悔も。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>