fantoni GT-148Hレビュー

fantoni GT Top

以前、DELL P2715Q レビュー 【開封編】 の最後にちらっと我が家のPCデスク環境ご紹介しました。

 

DSC05424.jpg

ご覧の通り、横幅も奥行きもちょっと無理矢理感満載なのでPCデスク買い替えを決断。

 

イタ~リア製のfantoni GT-148Hのご紹介です。実は購入して既に1年以上経っているのですが・・・w

 

 

 

 fantoni GTシリーズとは

fantoni(ファントーニ)はイタリア北東部の街ウーディネに位置するオフィス家具メーカーだそうです。

ファントーニには何種類かのPCデスクがあるのですが今回は「GT」シリーズを選択。

 

カスタム.jpg

GTシリーズは「天板」+「レール」+「脚」の3パーツを自由に組み合わせて好みのデスクに仕上げる事が出来ます。

 

 

ラインナップ1.jpg

更に、奥行き3タイプ× 横幅最大5タイプ の計12タイプの中から選べます。

 

option.jpg

その他オプション類も豊富です。

 

ラインナップ2.jpg

各サイズでの利用イメージはこんな感じ。

今回はちと大きいかとも思いましたが、横140cm × 奥行き80cm (GT-148H)のタイプを選択。

今は為替の影響からかちと値上がりしているようです。

 

 

 

 いざ、組み立て

DSC05436.jpg

早速届いたのがこちら。

一般的な3段ボックスと比較していただくとその巨大さがわかるかと…しかも重い!!w (約37kg

 

DSC05450.jpg

脚は上下昇降可能タイプにしようかと思いましたが fantoni GT脚(濃銀)タイプ。

 

DSC05451.jpg

GT脚の場合は内側に配線溝を3本装備。3系統のケーブルを分けて収納できるため、配線しやすくなっています。

 

DSC05440.jpg

レールは脚に合わせて濃銀(GT色)の140cm幅用を選択。

 

DSC05455.jpg

パカっと開けるとこんな感じ。やや簡素な梱包の印象ですが、傷はついてなさそう。

カラーは一目惚れの「濃木目」をチョイス。

 

 

DSC05445.jpg

取説と脚の固定パーツ及びカバー

 

DSC05482.jpg

早速天板にレールを取り付けます。

しかしレールよりネジの方が短いのと、天板も硬いので…

 

DSC05481.jpgDSC05483.jpg

いつか買おうと思っていた電動ドライバーを購入。

楽しちゃいますw

 

DSC05484.jpg

レールを取り付けた状態。

 

DSC05447.jpg

T字脚接地面の両端には、樹脂製の円形アジャスターが付いています。(径49mm)

 

DSC05487.jpgDSC05488.jpg

樹脂部品には弾力性がありませんので、フローリング床への傷を防ぐには市販の傷つき防止フェルトを利用。

 

DSC05489.jpg

レールに脚を差し込んだら、再度に樹脂製のキャップをはめて蓋をします。

レールが完全に並行で無かったのかちとキツメでしたのでゴム製のハンマーで押し込みました。

 

組み立ての模様はこちらの動画を見ていただいた方が分かりやすいかと。

 

 

 

 完成!そして使用感は・・・?

DSC05492.jpg

やっと組みあがりました。

サイズは横に並べている3段ボックスを参考にしていただければ。

そして、期待通りの剛性感。押しても引いても乗ってもびくともしません!w

 

DSC05494.jpg

取り敢えずダイニングテーブル用の椅子2脚を並べても余裕の横幅です。

机の高さに対して椅子の高さが低すぎますが暫くはこれで運用します。

 

DSC05516.jpg

じゃじゃ~ん!

VAIO L(24インチ)、DELL P2715Q(24インチ)、BENQ Q22W6(22インチ)、更にSurface Pro3をおいてもこんな感じ。

P2715Qを縦表示にすれば余裕で収まります。

奥行きも80cmタイプなので広々。キーボードの手前にA4書類をおいても十分なくらい。

これはブログ執筆が捗…。

 

以上、ざっくりとfantoni GT-148Hをご紹介させて頂きました。

ちょっとでかい印象もありますが、ゆくゆくはME用の脚と組み合わせてダイニングテーブルとするのもありかなーとか思っています。

さて、こうなるとデスクチェアも欲しくなってきますねぇ…(ぉ

果たして!?

 


 

どん

どん

何事もやってみなきゃあ分からない。物は試しの精神で楽しく、時には後悔も。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>