α7R IIレビュー 【開封編】

DSC08832.jpg

ソニーの「誰も作らなかったカメラ」 こと、α7R

その発売から2年も待たずして、その全てを凌駕する後継機、α7R IIが発売されました。

 

ボディは暫く良いかと高をくくっていたのですが…w

では早速開けてみましょう!

開封の儀

DSC08829.jpg

初代α7Rの箱と比較。

ボディサイズがやや大きくなっていることもあってか箱も少しだけ大きくなっています。

 

DSC08834.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぱかっと開けるとマニュアルやら保証書等が。

Capture One Expressって現像ソフトですよね?昔付属していたのより使いやすいのかな?

ちょっと試してみたいです。

DSC08835.jpg

付属品一式。

付属ストラップって一度も使ったことありません…いっそ無しにしてくれてもいいですのよw

本体でUSB充電出来るとは言え、バッテリーチャージャーが付属したのはありがたいです。

但し、高速充電出来ないタイプなのはいただけません。

価格が価格なんだからここはケチって欲しくないところですね。

 

DSC08836.jpg

付属のACアダプタ。

出力は1.5Aのようですので同程度の出力のモバイルバッテリーでも充電出来そうです。

 

DSC08837.jpg

付属バッテリーは2個なのは嬉しいですね。(下段白ラベル)

それだけα7R IIが大飯食らいだということでしょうw

 

旧型(上段黄ラベル)と比較しても違いがよくわかりません…

「MADA IN JAPAN」が「Made in China」に変更になったくらい?

 

DSC08846.jpg

バッテリー上部にはホログラムシールが。

コピー品は許しまへんで!ってことでしょうかw

 

DSC08839.jpg

初代α7RにはなかったHDMI等のケーブルを固定するやーつ。

HDMIから外部4Kレコーダへ接続する際に使うようです。

α7R IIは内部での4K録画に対応していますのでよっぽど拘らない限りは使う事は無さそうです。

 

DSC08841.jpg

さぁ、いよいよベールを脱ぎます。

 

DSC08842.jpg

じゃじゃーん!

ぱっと見は初代から余り変化が無さそうですが、シャッターボタンの位置やボディサイズはα7 IIに揃えて来た感じです。

グリップは深くなり握り易くなっています。

 

DSC08843.jpg

α7R IIのバッジは背面左肩にこじんまりと。

そしてファインダー横にはT*の文字が!!

0.78倍の世界最大倍率を誇るT*コーティングEVFはα7R IIのセールスポイントの一つです。

 

DSC08844.jpg

MENUボタンとC3(カスタムボタン)はやや傾斜がついて押しやすくなっています。

 

DSC08850.jpg

アイピースカップは新型の薄型タイプに。EVFの見やすさに貢献しています。

 

 

次回予告

次回は初代α7R との外観比較を中心にレビューしたいと思います。

 


 

どん

どん

何事もやってみなきゃあ分からない。物は試しの精神で楽しく、時には後悔も。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>