本格的梅雨到来を前に防湿庫をカスタム!

 

DSC06744.jpg

一昨年の丁度この時期に購入したトーリハンの防湿庫、H-110D-MII。

 

ワンサイズ上のモデルにしたお陰?でレンズが溢れることもなく、なんの問題・不満もなく使っていました。

 

DSC06723.jpg

ところが先日、手動で点灯させるという激しく面倒くさい仕様のおまけLEDライトのスイッチを久しぶりに入れてみるも無反応…。

電池切れかと裏蓋を開けてみると…

 

DSC_0079.jpg

をいっ!液漏れしてるじゃあないですか!w

このままでは大事な撮影機材にも被害がおよびかねません!

 

と、言うことで以前より構想があった『防湿庫内ライト自動点灯化計画』始動ですw

 

 

用意したもの

DSC05321.jpg

防湿庫内のLEDライトを自動点灯化するにあたって、今回はこちらのライトを調達。

 

 

DSC07383.jpg

その名の通り、主にクローゼットや食器棚等で使用するもののようです。

マグネットスイッチによって扉の開閉に連動してLEDが点灯/消灯するしくみです。

 

DSC05322.jpg

本体には1つのLEDライトが同梱されていますが、今回は増設用ライトを2つ追加で購入しました。

電源は単三電池3本。 ライト増設時の電池寿命目安は以下の通りです。

  • ライト    1個接続時:約2年
  • ライト    2個接続時:約1年
  • ライト 3~4個接続時:約7ヶ月
  • ライト 5~6個接続時:約5ヶ月
  • ライト 7~8個接続時:約3ヶ月

※1日1回 約5分間点灯時

 

1つの本体につき最大8つまでライトを増設出来るので収納量の変化に応じて都度増設していけるのはありがたいですね。

 

 

 

ELPAクローゼット灯|外観

DSC05324.jpg

本体 PM-LCL01。

ON/OFFのスイッチ、ライト接続端子、マグネットスイッチ接続端子のシンプル構造。

裏蓋をスライドさせて単三電池をセットします。

固定用に両面テープが付属されています。

 

DSC05326.jpg

  • マグネット
  • マグネットスイッチ(ケーブル長 約20cm)
  • ライト接続ケーブル(約30cm)

 

DSC05325.jpg

ライトPM-LCL02。

本体付属の物と増設用の物は全く同一です。

白色LEDが2灯内蔵されています。

 

DSC05329.jpg

裏側には固定用の両面テープが既に貼り付け済みです。

 

 

その他購入したもの

DSC05375.jpg

今回購入したライトや本体には固定用の両面テープが付属していました。

が、防湿庫内で使う場合、中に収めるカメラボディ・レンズの増減時にも自由にライトのレイアウトを変更出来るよう敢えて固定せずにマグネットでくっつけようと思います。

 

これ、予め切れ目が入っていて使いやすそうです。

 

DSC05376.jpg

ケーブル類の固定用にケーブルフックを。

これらは全て近所の百均にて購入。

 

 

下準備

DSC05327.jpg

さて、これでひと通り揃った訳ですがただ単に取り付けるのでは面白くありませんよね?

ここは「モノタメ♪」らしく一工夫

 

上の写真の通り、全てカラーリングが白で統一されています。

クローゼットや食器棚で使う分にはこれで問題ないでしょう…が、今回は防湿庫に取り付けるのです…

 

 

DSC05750.jpg

ということで以前 RCカーのボディの塗装の為購入していたポリカーボネート用タミヤカラースプレーを使って黒く塗装してしまいますw

 

 

※あくまで自己責任でお願いします

 

 

DSC05751.jpg

じゃじゃ~んw

意外と綺麗に塗装出来ましたw

 

LEDライトの内部は光が反射せず光量が落ちてしまう可能性を考慮して敢えて白色のままにしました。

 

DSC05752.jpg

本体とLEDライト裏には付属の両面テープの上からマグネットシートを貼り付けました。

 

DSC07396.jpg

マグネットとマグネットスイッチ部のみ、付属の両面テープで防湿庫内と扉に貼り付けます。

マグネットスイッチは防湿庫内この位置に。

 

DSC07397.jpg

マグネットは防湿庫扉のこの位置、ゴムパッキンの部分に貼り付けます。

 

DSC07363.jpg

本体は防湿庫内上部手前のスペースにやや潜り込ませる形でマグネットシートで貼付け。

 

ブラックに塗装した甲斐あってか目立ちにくくなっています。

 

 

効果の程は果たして?!

2015-03-25 02.02.49.jpg

増設用ライト1つを追加し、2灯点灯前。

防湿庫内部は棚板の表面のクロスが貼ってある部分以外はどこにでもマグネットで貼付け可能です。

今回は上に取り付けてみました。

 

2015-03-25 02.02.39.jpg

2灯点灯状態。

スマートフォンのカメラの為、画質悪くてわかりづらい…w

下段のライトを取り付けていない状態と比較すれば…うーんにしても分かりづらいw

 

IMG_0045.jpg

寄り。こうしてみるとそれなりに明るく照らしてくれているのが分かります。

 

DSC07359.jpg

増設用ライトの一つは敢えて未塗装の状態で設置してみます。

こうして比較すると塗装済みの方が防湿庫との一体感があっていいですね。

 

IMG_0056.jpg

続いて3灯の状態。

マグネットシートのお陰で、自由にレイアウトを変えれて( ̄ー ̄)bグッ!

 

DSC07362.jpg

とは言え、問題が無いわけでは無くケーブルフックについて

  • マグネットシートで固定しようとしたが磁力が弱くしっかり固定出来ない
  • 取り付ける際、ケーブルのブラックの塗装が剥がれてしまう

 

ケーブルフックはマグネットシートをより磁力が協力なものに変えるか、諦めて両面テープで目ぼしい箇所に幾つか貼り付けておき、ライトのレイアウト変更時はケーブルの取り回せる範囲内で行うという対策が必要そうです。

 

 

まとめ

ものは試しで始めた、『防湿庫内ライト自動点灯化計画』

 

手動でライトをON/OFFする必要もありませんし、今後の増設も容易に可能。

トーリ・ハンのH-110D-MIIの場合上下2つの扉に分かれていますのでそれぞれに本体・マグネットスイッチを設置すれば個別にライトを点灯させることも可能です。

今回は増設ライト含め計3灯用意しましたが、トータル3,000円未満という低予算で実現出来、非常に費用対効果の高いカスタマイズが出来満足です。

 

欲を言えば、もう少し光量が多いと良かったのと、初めからブラックモデルがあると塗装の工程が省けるんだけどなぁ…w

 

ELPA| クローゼット灯セット PM-LCL01

後、気になるのは公式HPに既に「生産完了品」となっている点。

2015年6月12日現在、Amazonと楽天市場共に在庫はありそうですが購入するなら早めの方が良さそうです。

 

何はともあれ、これで今年の梅雨は乗りきれるっ!!w

 

 

 

 


 

【ELPA クローゼット灯】 


 

【トーリ・ハン】 

どん

どん

何事もやってみなきゃあ分からない。物は試しの精神で楽しく、時には後悔も。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>