[更新] Aterm MR03LN レビュー【SoftBank編】

 

 

DSC06451.jpg

最早、個人的には鉄板モバイルルータとなりつつある Aterm MR03LN。

  1. Aterm MR03LN レビュー【開封編】
  2. Aterm MR03LN レビュー【挫折編】
  3. Aterm MR03LN レビュー【使用編】
  4. 定額無制限で話題!「ぷららモバイルLTE 新プラン」を試す

 

これまで4回に渡ってレビューをお送りしてきましたが、どうしても気になってタメシたい事が…。

ということで人生初のSoftBank回線を入手!早速MR03LNにぶっ挿してみましたよとw

 

 

 

 初期設定

先ずなんも考えずにSIMをMR03LNにぶっ挿してみます。

 

DSC05794.jpg

すると、「通信事業者 切り替え 再起動します」と表示され、自動で再起動します。

 

DSC05795.jpg

再起動後、当然APN設定をしていないので接続出来ません。

 

 

DSC05796.jpg

SoftBankのiPhone用APNはググって調べました。

  •  接続先名:任意(今回はSB-iPhoneとしました)
  • APN(接続先):jpspir
  • ユーザー名:sirobit
  • パスワード:amstkoi
  • 暗号化方法:PAP

APN設定を「ぷららLTE」から作成した「SB-iPhone」へ変更します。

 

DSC05797.jpg

すると、左上アンテナに「3G」の文字が表示されるようになりました。

 

 

DSC05798.jpg

そのまま暫し待つと「LTE」接続に!

 

 

DSC05799.jpg

接続先も「SoftBank」となっております。

 

 

 今話題の紐…いやBandのお話

携帯キャリアや端末によって対応周波数帯が異なるようですのでその辺りを、忘備録も兼ねて整理してみます。

(間違いがあればご指摘いただけるとありがたいです)

 

まとめるにあたって、以下の記事を参考にさせていただきました。

CPUとメモリ、対応バンドを確認すべし――IIJがSIMフリースマホの選び方を解説 – ITmedia

 

MR03LNについては公式HPより。尚、参考として姉妹モデルであるMR03LE(au LTE用)も併記してます。

公式:Aterm MR03LN 製品仕様

公式:Aterm MR03LE 製品仕様

 

Band一覧.jpg

赤枠で囲ってあるのは各キャリアの主要周波数帯です。網掛けはMR03LNの対応するDocomo及び、SoftBankの使用するBandです。

こうしてみると、docomo回線についてはBand28は除き、現時点で使用されている4つのLTE Band全てに対応していますね。

 

対して、SoftBank回線ですとBand8 (900MHz)のLTEに対応していません。

これ、いわゆる「プラチナバンド」と言われるものですね。

一般的に、

  • 周波数【大】・・・人口密集地向け:直進性が強く、ビル影・山間部で電波状況が悪い。人口密集地に基地局を細かく配置し多くのユーザが比較的安定して通信出来る(点でカバー)
  • 周波数【小】・・・郊外・山間部向け:障害物があると回りこむ性質の為、ビル影・山間部でも比較的電波状況が安定する。少ない基地局で広いエリアをカバー出来る(面でカバー)

 

なので、都市部で使う分には然程影響はないかもしれませんが、郊外の場合は電波状況が悪い事が有るかもしれません。

 

 

 

いざ実践

とういことで、SoftBank回線で使用する場合、一部周波数帯が使用出来ない事が分かりましたが取り敢えず使ってみます。

 

2015-04-15 04.01.29.jpg2015-04-15 03.56.39.jpg

 

平日昼間の杉並区某所。

  • 下り:7~23Mbps
  • 上り:5~12Mbps

以前、「定額無制限で話題!「ぷららモバイルLTE 新プラン」を試す」で検証したぷららの回線の場合実測2Mbps前後でしたので軽く3倍位速いです。

 

ぷららモバイルLTE 定額無制限プランを3ヶ月程使い続けてみて私の利用スタイルで考えた場合、

  • かなり意識的にスマートフォン&ノートPCで通信しても10GB/月 前後あれば十分
  • ぷららの実測値レベルだと動画再生が安定しなかった
  • Flickrで写真を閲覧したりアップロードする際速度が遅くイライラするw

 

そして、最近主要3キャリア が3日間1GB制限の撤廃、または3GBへの緩和を相次いで実施。

ドコモが3日間で1GBの通信制限を撤廃。ドコモに問い合わせてみた-でじねこ.com

auが3日で1GBの通信制限を3日で3GBに緩和-でじねこ.com

Softbankが3日で1GBの通信制限をスマ放題契約者のみ撤廃-でじねこ.com

 

2,980円無制限3Mbpsに価値を見いだせなくなったので解約しましたw

 

ということで、暫くSonfBank回線でMR03LNを運用しています。

2015年2月21日~26日の6日間のデータ通信料をMy SoftBankにて確認してみると…

※SoftBankは20日締め

SB-iPhone確定前.jpg

 

ぐはぁっPCとスマートフォンの通信合計で62万円也ww

 

いや、データ定額パックの対象通信分として同額が引かれていますので定額の範疇だということでしょうが…これ心臓に悪いですw

 

取り敢えずこのまま1ヶ月間使用を続け、

実際の請求がどうなるかタメシたいと思います…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

結果は追ってお知らせいたします。

※個人的な実験としての使用例です。あくまで自己責任にてお願い致します

 


 

 

【追記:2015.4.20】 

2015年2月21日~3月20日までの料金が確定しましたのでご報告します。

 

SB-iPhone確定後.jpg

PC/99,131円(1,982,625パケット) + スマートフォン・タブレット/3,477,866円(69,557,332パケット)3,576,997円(71,539,957パケット)

 

トータル357万6,997円でしたが、無事にその下のデータ定額パック対象通信分として同額が引かれておりましたw

車買える金額ですねw

 

SB-iPhone4月.jpg

無事に定額の範疇で使えたので引き続きMR03LNで使用しました。

2015年3月21日~4月20日の1ヶ月はまだ未確定ながら560万円分の通信となりましたw

 

 

まとめ

ぷららモバイルLTEの定額無制限プランを解約し、2カ月超ソフトバンクのiPhone用SIMをMR03LNで使用してきました。

個人的な感想をまとめますと

 

[良かった点]

  •  パケット定額容量内であれば実行速度で7~25Mbps程度の速度で通信出来る(ぷららは2Mbps前後)
  • 都内で使用する分には然程電波の掴みは悪くなかった

 

[悪かった点]

  • 地方で使用した際、Band8のLTEに対応していないせいか、圏外や3G通信となることが多かった
  • 通信料が高い(今回契約したパケット定額はキャンペーン価格とは言え10GBで8,000円)

 

私の利用スタイルだとぷららの3Mbps定額無制限プランだと遅く感じていましたがそのイライラが一気に解決しました。

とは言え、10GBで8,000円は高すぎます。(キャンペーン適用前だと10,000円!)

常用する気にはなれませんので早速本日一杯でプランを見直そうと思います。

 

 

 

どん

どん

何事もやってみなきゃあ分からない。物は試しの精神で楽しく、時には後悔も。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>